ダイナミックブロックの使い方

スポンサーリンク

本記事ではAUTOCADの便利な機能ダイナミックブロックについて解説しています

ダイナミックブロックとは、編集が簡単で便利なCADデータ

ダイナミックブロックはAutoCADの機能で、形状やサイズを簡単に変更できる非常に便利なCADデータです

ストレッチ、移動、反転等の動きを利用し、作図効率化ができるツールです

ダイナミックブロック寸法変更

使い方は非常に簡単で、直感的に操作可能です

まず、ダイナミックブロックの寸法変更の方法には2種類あります

  1. グリップの移動を使用する
  2. 変更したい数値を直接入力する

1.グリップの移動を使用する

ドアのダイナミックブロックを使って使用方法を説明します

2.変更したい数値を直接入力する

次に、形状を変更したい数値を直接入力する方法です

ダイナミックブロックのタイプ変更

ダイナミックブロックはプルダウン操作により登録されたタイプのデータを表示することができます

ここでは、アルミサッシ片開きドアの意匠を変更する方法を説明します

初期状態のガラスドアを、ガラス(中残有)、パネル(中残有)に変更する方法です

ダイナミックブロックのダウンロード

便利なダイナミックブロックを活用し作図効率をアップさせてください

本サイトでは、自作のダイナミックブロックを配布していますので作図にお役立てください

解説で利用したCADデータはこちら

無料のダイナミックブロック一覧はこちら

コメント